I'me

  • TOP
  • I'me コラム
  • 手綱を引いて優しく導いてくださる…とても心地の良いコーチングで、発信のクオリティがアップ

無料体験会申し込み

手綱を引いて優しく導いてくださる…とても心地の良いコーチングで、発信のクオリティがアップ

手綱を引いて優しく導いてくださる…とても心地の良いコーチングで、発信のクオリティがアップ
手綱を引いて優しく導いてくださる…とても心地の良いコーチングで、発信のクオリティがアップ
西川 千晶さん

練り切りとハーブの教室を主催
自宅やオンラインでレッスンを実施
カルチャースクール、農協など出張レッスンも行う
また、和文化好きとして「24節気」「72候」という日本らしい暦の発信にも力を入れている

過去に月商7桁を達成できた代わりに夜間救急のお世話に…

以前、株式会社LITAさんの運営するPR塾でPRを学びたいと思い、説明会に参加させていただいたのですが、当時の私は何となく、ふんわりとおうちレッスンというものをしていました。

そんな中で説明会に参加してみたら、参加されていた皆さんが、PRを真剣に学びたい! という熱量がすごくあって、私とはあまりに違い過ぎる…と感じてしまい、お申し込みできなかったのです。

でも、仕事としてしっかりとやりたい気持ちもあり、別の起業塾に行きました。
そこでは短い時間で一気に集客をして利益もあげていくという起業塾だったのですが、そちらではおかげさまで月商7桁というのは達成できました。
ただ、その働き方というのが短期間に一気に集中してというやり方だったので、夜はなかなか睡眠をとれないなど、無理が重なって夜間救急にお世話になることになってしまいました。

月商7桁を達成できたのは、とてもありがたくてうれしいことでしたが、夜間救急にお世話になったあと、自分の生活を元に戻すことがすごく大変になってしまい、この働き方はもしかしたら自分にはあわないのかもしれないと思い始めました。
そして、自分なりに考えて、長期的に月20万、30万をコンスタントに収入として得られるような、そんな働き方ができたら良いなと思い始めていました。
そんな時、PR塾と同じく株式会社LITAさんが運営する女性を応援するアカデミーが立ち上がると伺って、もう我先にと申し込みをさせていただきました。

集客が思うように伸びないという現実

長期でコンスタントに収入を得られるような、そんな働き方をしていきたいとは思っても、それをかなえるためにPRをしていくとなった時に「自分の強みが何であるのか?」「誰に向かってどういった情報を発信していけばいいのか?」ということがわからずに試行錯誤していました。
また、Instagramのフォロワーさんも伸び悩んでいましたし、お客さまの集客も思うように伸びないという現実がありました。

その頃は、他人のInstagramの投稿をみては、自分と比較して「あ〜、私は全然できないんだな」なんて落ち込むこともよくありました。

そして、私は「和菓子の先生」であり「ハーブの先生」でもあって、和菓子だけ、ハーブだけとどちらかに寄せて一つに絞って仕事をした方が良いのではないかと悩んだ時期もありました。
ある時は、イベント出店を申し込んでいたにも関わらず、自分の自信のなさからなかなか告知画像を出すことができなくて、イベント出店ぎりぎりになってから告知を出したものですから、画像のクオリティーも低く、事前にお客さまを集客することができずにいました。
イベント当日は、隣のブースにはすごくお客さまがたくさんいらしていて繁盛しているのに、私のブースは見事に閑古鳥が鳴く状態で、もう情けなくて恥ずかしくて穴があったら入りたいというような状況も経験しました。

こんな状態ではありましたが、I’meに入会して、コーチングで最初にゆっくりと時間をかけて「これからどうしていきたいのか」「私が何を求めているのか」ゆっくり丁寧に聞き出していただくことができました。
そのお陰で、どういう方向性でやっていきたいのかということが明確になっていきました。

「和文化伝道師」という新しい肩書き

特に印象深かった変化は自己紹介です。
当初は「和菓子の練り切りをお伝えしている講師」と自己紹介をしていましたが、コーチングの中で、「お菓子作りの苦手な方でも、高級和菓子を自宅で簡単に作れるようになる教室を運営する講師」と具体的に自己紹介ができるようになりました。

そして、練り切り作りの講師ではありますが、やはり茶道や着物という和文化が大好きということもありまして、ただの練り切りの講師ということではなく、和文化も含めてお伝えしていく「和文化伝道師」というフレーズをコーチからいただき、そのフレーズを使って活動をしていくことになりました。

私にとってその言葉はとてもうれしい響きでしたので、その言葉に恥じないような行動をとらなくてはいけないと思うようになりました。

そして、SNSの発信を毎日のように投稿するようになり、現在もその投稿は続いています。
おかげさまで、以前は閑古鳥が鳴いていたイベント出店をするような状態でしたが、お教室25名さま満席をいただくことができ、1年間の年間契約を2名3カ月連続でいただけました。
今までになかったようなありがたい契約の状況も続いております。

どんな小さなことでも『できたね!すごいすごい!』と褒めてくれたからできた

I’meでのコーチングはマンツーマンで個人に対して、その個人にあったアドバイスをたくさんしていただけるのですが、ただアドバイスをいただくだけではなくて、自分自身もきちんとアイデアを出して行動をしていくということが、とても大切だなと思いました。
ですので、毎月のコーチング前には、必ず自分でこの1カ月間の振り返りをしました。
「何ができたのか」「どういった成果が出たのか」それらをじっくりと検証をして、コーチングの時にコーチに成果を報告しました。

実際にコーチングでは、成果を報告すると、本当に小さなことですが、どんな小さなことでも『できたね!すごいすごい!』と褒めていただきました。
私は褒められて伸びるタイプだったので(笑)都度、褒めていただいたことでだんだんと伸びていくことができたのではと思います。

そして、月ごとに「次の2か月目はとにかくたくさん行動をするようにしましょう」などというアドバイスも具体的にしていただきました。
『短期間で売上げをあげようと思うのではなく、長期的にみて、波に乗っていければ良い』とアドバイスをいただき、あまり慌てることなく、その時その時に集中してやるべきことをやっていたという感じです。

目標を定めて目標に向かって行動する!とてもいい循環が生まれた

また「丁寧に実績を増やしていく」ということも、とても大切であると学びました。
そして、そのために具体的に「Instagramのフォロワーをいつまでに何名にする」ですとか「今度はイベントがあるから、そのイベントまでに何々をする」というような形で短期目標を決めましょうと、目標も一緒に決めていきました。
その月ごとに目標を定めて、私はその目標に向かって行動する! これがとてもいい循環が生まれていたように思います。

私は性格上、一度にあれもこれも学びたいと思ってしまう方で、例えば他の方がInstagramで集客をあげている! と聞くと、私もInstagramを学びたいなと思ってしまって、そちらの動画を思わずみようとしてしまうのです。
それをコーチにお伝えすると「わかるわかる! そういう気持ちはわかるよ」と私の気持ちに共感してくださった上で「ただ、いま私たちがやることはそれではなくて、SNSの構築ですよね」と、やんわりとやるべきことへ軸を戻してくださって、どこかに行きそうになる私の手綱を引いて優しく導いてくださるというのがとても心地の良い指導だったなと感じます。

コーチがくれた胸に刻み続けたい大切な言葉

それと、とても印象に残っている言葉があるのですが、私が悩みをコーチにご相談したとき
「仕事をしていく上で段階をあがっていく時、今まで持っていたものを切り捨てなきゃいけない時がある。手放さなきゃいけない時がある。それはとてもつらいことであったりとか、人間関係が変わったり、環境が変わってしまうこともある。仕事をしていく時は、その判断をしなくてはいけない。それが連続して現れてくるので、そのたびに自分で考えて決断をしていかなくてはいけないんだよ」
とコーチの実体験を交えて話してくださいました。

もともとコーチも1,000円で個人レッスンなどをしていたところからスタートしていろいろなことを乗り越えて今がある! ということおっしゃっていて、これから先、私が仕事をしていく上で、これらの言葉を胸に刻んで働き続けていきたいなと思いました。

『告知する内容が具体的で分かりやすくなりました』と言われるように

「売れる自己紹介」と「SNS構築」「Canva講座」などを学びました。

もともと自分の方向性や自分の軸がしっかり整っていなかったので、動画の中のいろいろなワークに取り組みました。
ワークでは、今までの実績を書き出し、洗い出しの作業をすることによって、自分の強みというものが見えてきて、自己紹介をする時にその強みをアピールすることができるようになりました。
そしてブラッシュアップしたことを元に発信を続けていくと、お客様からお問い合わせをいただき、契約件数が増えていくという実績につながっていきました。
お教室業もきちんと収益をあげて仕事として捉えていかなくてはと思うようになり、仕事に対する姿勢も少しずつ変わっていきました。

Canva講座では、お客様からの聞き取りがとても大切で、その上で詳細をしっかりと作り込んでいくことが大切であるということを学びました。
私はInstagramやFacebookライブをしますが、その告知画像を作るときに、より詳細なイメージにあった画像をつくることができるようになっていきました。
動画で学ぶ前はなんとなくイメージしていた和文化のイメージで画像をつくっていましたが、学んでからはしっかりと詳細を考えて、和文化であってもその回に伝える内容を加味して作成することができ、お客様からも『告知する内容がより具体的で分かりやすくなりました』と言われるようになり、Canvaを学ぶことによって、画像のクオリティーがアップしたと思います。

日本のみならず海外でも和文化の魅力をたくさんお届けする活動をしていきたい

和文化伝道師として、和文化の魅力をたくさんお届けする活動をしていきたいと思っています。
和文化を楽しむ茶道をはじめ、練り切りはもちろんですけれども、着物を楽しめるサークルを日本の中で作っていけたらなと思っています。
そして、いずれは海外の皆様にも日本文化を楽しんでいただけるように、オンラインで参加できるサークルを作っていきたいと思っています。
また、実際に海外に行って、茶道や練り切りや着物など、和文化を海外の皆様と一緒に楽しんでいけたら最高だなと思っています。

それともう一つ、いずれは和文化を発信していく女性起業家さんのサポートもしていけたら良いなと思っています。
I’meの動画で学んだスキルを活かして、私と同じように「和文化を広めていきたい」という女性起業家の皆さんと一緒に活動を広めていきたいと思います。

私にとって、I’meのコーチングはなくてはならないもの

私にとって、このI’meのコーチングはなくてはならないもので、これがあったからこそ継続をしたいと強く思うサービスです。

I’meは100人いれば100通りの学習ができるサービスです。
そこに加えてコーチングが素晴らしくて、本当にコーチの皆さんが一人一人の個人の気持ちや、どういった方向性でやっていけるのかということを、熱意をもって本気で向き合って接してくださいました。

だから、もし入会を迷われている方は、安心して、あなたの強みを生かして、あなたのサービスを待っているお客様に、そのサービスをお届けする一歩を踏み出していただけたらと思います。
必ず、最高のコーチ陣と仲間たちがあなたのことを受け入れてくれると思います。

関連記事

一覧に戻る