I'me

無料体験会申し込み

これからの時代の「女性活躍」とは?

これからの時代の「女性活躍」とは?

「女性活躍推進」という言葉が多く聞かれる昨今ですが「女性が活躍すること」とはいったいどのようなことなのでしょうか?
よく耳にするのは、会社役員の中での女性の人数、国会議員の中での女性議員の人数で、女性が活躍しているかどうかを語る内容です。
しかし、すべての女性がそのような活躍を望んでいるわけではないと思います。
今回は「これからの時代」を基軸に「女性活躍」について考えてみたいと思います。

自分の活躍を自分で決めて良い時代

会社の役員に上り詰めたい!国会議員になって国民のために働きたい!と思う女性以外に、いったいどのような活躍があるのでしょうか?
時代というものに目をむけたとき、価値観の変化が顕著です。
専業主婦が当たり前で、女性は家庭を守るものという価値観の時代もありました。
しかし今は、30〜40代女性の中で専業主婦をしている女性を探す方が難しいと感じるくらいに、仕事をもっている女性の方が多く、女性も仕事を続けることに何ら違和感がなく、報酬という面を一旦横においても、やりがいとしての仕事を持つことは当たり前になりつつあります。
そんな中で「女性活躍推進」を考えると、どのように活躍したいのか?どれくらいのサイズの活躍が心地よいのか?自分の活躍を自分で決めて良い時代になってきているのではないかと感じます。
みなさんはどうでしょうか?

とはいえ、いったいどのように自分の活躍を決めていけば良いのか?疑問に思うこともあるでしょう。
ここからは「私が活躍するなんて考えたこともない」でも「私が活躍できるならばしてみたい」と思う方へ「わたし活躍のために必要な要素」を書いてみたいと思います。

パーソナリティを受け入れる

まず「わたし活躍のために必要な要素」で絶対的に必要なことがあります。
それは自分のパーソナリティを受け入れることです。
文章にするとあまりにも簡単ではありますが、この「受け入れる」がなかなか厄介。
受け入れるとは「自己を肯定する力」です。
とくに、自分では変えることのできない事実については、しっかりと受け入れておく必要があります。
「変えることのできない事実」には、いろいろな見方がありますが、ここでは「年齢、性別、家庭環境、持って生まれた性格など、自分の力のみで変えることが非常に難しいこと」としておきます。
今の自分をつくりだす全ての要素は、いわば「活躍」に必要な「土台」であり、大切な「パーソナリティ」です。
活躍をする人は、そのパーソナリティという土台を誰かと比べることなく「私は私」としっかりと受け入れて前に進むという特徴があります。

社会で「私を活かす」という視点を持つ

自分のパーソナリティという土台を受け入れたら、どんな自分になりたいか?を考えることです。
このとき、パーソナリティを受け入れられていない人は、隣の芝が青くみえてしまう…
という感覚になり、自分以外の誰かになりたい!というような、闇雲になりたい姿を夢見る傾向があります。
一方で、パーソナリティを受け入れた人は「自分」をどのように活かすか?という視点を持つことができます。
この「自分=私を活かす」という視点こそ、「活躍」に向かえるかどうかの分岐点。
活躍とは、誰かや、何かの役に立つことであり、言い替えると「社会と自分をつなぐ力」といえます。

「知っている」から「やっている」へ

自分のパーソナリティを受け入れ、社会で自分を活かすという視点を持つことができたら、次は「行動」「実行」あるのみ。
社会で自分を活かすためには、「社会はどんな人を求めているのだろう?」そのために「何をしたら良いのか?」「足りないものはなんだろう?」自分は「どんな場所で活かされるだろう?」といった様々な問いに対し、アクションプランを考えて「行動」する。
これも文章にしたら簡単なのですが、実際にできる人が少ないのも事実。
わかってはいるけれど「やる=行動する」ことが怖い…。
そんな気持ちがうまれるのはとても自然なことです。
なぜなら人間は体験したことのない、知らないことに恐怖を感じると言われているからです。
それらも踏まえて「活躍」したいと願うならば「知っている」を「やっている」に変えていきましょう。
小さな一歩でも踏み出すことができたら、それはもう立派に「やっている」ということ。
マイペースで構いません。
その小さな一歩を積み重ねていきましょう。

最後に

今回は、簡単にではありますが、「これからの時代の女性活躍」について書いてみました。
女性はライフステージの変化が如実で、それに応じてキャリアチェンジもキャリアアップもしやすい環境であるともいえます。
実際に「50歳で起業した女性がビジネスを成功させた」などという話はよく耳にします。
このように女性が、ライフステージに柔軟に対応しながら、社会で自分を活かして活躍することが当たり前の時代になっていくでしょう。

とはいえ「私なんてムリ…」と自分に自信がなく、一歩前に踏み出す勇気が持てない方もいるでしょう。
でも大丈夫です!

女性が自分らしさを活かして社会で活躍するために必要なスキルを身につけていくことができる、実践型オンラインキャリア学習サービス「I’me」では、一人一人に専属のコーチがつき、あなただけの強みを引き出し、社会で活躍するためのあなただけのカリキュラムを一緒に導き出し、実践に寄り添うことで一歩前に進むことを力強くサポートします。
自分では「こんなことが活躍につながるなんて思えない」と感じてしまうような小さな得意ごとも、時代にあった方法で活躍へとつなげていくことができます。

例えば「毎日、何気なくSNSで投稿している」ということも、自分では「そんなこと別に仕事になるとは思えないよ」と感じるかもしれませんが、「毎日続けられること」は立派な強みですし、「SNSができる」ということも、やり方しだいで誰かの役に立つ立派な仕事へとつながります。
このように、これからの時代の女性活躍とは、今までとはまったく違う価値観で仕事をつくり出し、自分らしい活躍の仕方を選んでいくこと!
「I’me」ではこのような時代を「わたし活躍時代」と定義しています。
実践型オンラインキャリア学習サービス「I’me」は、自分らしい活躍を目指す女性たちが集まり、切磋琢磨しながら学べる場所として、「わたし活躍時代」をみんなでつくっていきたいと思っています。
今の自分には何もないから無理…と思わずに、ぜひ一度「I’me」をご体験ください!

関連記事

一覧に戻る